薬剤師の転職サイト好評ベスト5社【公式】|信頼ベストの薬剤師求人サイトのおすすめ

MENU

薬剤師転職サイト好評ベスト5社【公式】|信頼ベストの薬剤師求人サイトのおすすめ

転職サイトの選び方ひとつで、今後の人生が決まるといっても過言ではありません。したがって、転職活動の第一歩となる薬剤師求人サイト選びは大切です。薬剤師転職サイト好評ベスト5社【公式】ランキングでは、転職を成功させるために最適な薬剤師の転職サイトを独自の基準から選んでいます。その基準は以下の通りです。

サイト運営会社の信頼性(資本力)
求人数、非公開求人の質
サイト利用者の満足度(口コミ・評判)
サイトの使いやすさ
サービスの充実度

これらの基準を高いレベルでクリアしている薬剤師の転職サイト信頼ベストランキングの『薬剤師求人サイト好評ベスト5社』です。今後の転職活動の参考にしていただければ、幸いです。

薬剤師求人サイト好評ベスト5社

マイナビ薬剤師公式サイト

マイナビ薬剤師の特徴

利用者アンケートで満足度94%!

価格 0円
評価 評価5
備考 人材紹介企業「株式会社マイナビエージェント」が運営する薬剤師専門の転職サイト
マイナビ薬剤師の総評

  • 学生の就職活動で95%が登録する「マイナビ」が運営
  • CRAやCRC、製薬会社など一般企業への転職サポートも得意
  • 医療機関などに直接キャリアコンサルタントが訪問、情報収集
  • 離職率が低い好条件の職場の求人紹介に努力

リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師の特徴

転職業界最大のリクルートの薬剤師専門サービス

価格 0円
評価 評価5
備考 75%が好条件の非公開求人。80%以上の方が希望条件で転職。
リクナビ薬剤師の総評

  • 年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営
  • 総求人数業界トップクラスの35,000件以上
  • リクルートグループならでは選りすぐりの非公開求人を保有
  • 600万円以上の好条件の求人多数
  • スピード転職もアドバイザーにお任せ

薬剤師転職ドットコム公式サイト

薬剤師転職ドットコム(メディウェル)の特徴

顧客満足度No.1を目指すサポート力が自慢

価格 0円
評価 評価5
備考 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ企業、株式会社メディウィルが運営。
薬剤師転職ドットコム(メディウェル)の総評

  • 東証一部上場企業グループだから安心
  • 業界最大級の求人数常時10,000件以上
  • プレミアム非公開求人数も多数
  • 求人マッチ度で転職支援実績No.1クラス
  • スピード対応、徹底サポート力で希望の職場へ

ファーマジョブ公式サイト

ファーマジョブの特徴

最大級の地域求人数!
(2011年株式会社メディカルジョブセンター調べ)

価格 0円
評価 評価4.5
備考 北海道の薬剤師求人なら「ファーマジョブ」
ファーマジョブの総評

  • 厳選した非公開求人は約70%
  • 希望の事業所を逆指名できる制度あり
  • アフターフォローが充実

薬剤師ナビの特徴

満足度94%!最大で3社に一括登録の薬剤師専門転職サイト

価格 0円
評価 評価4
備考 薬剤師転職利用満足度94.8%!
薬剤師ナビの総評

  • 業界最大級!条件の良い非公開求人情報多数
  • 大手から地域密着型薬局まで幅広いご希望に対応
  • 非公開求人を優先的に紹介
  • 地域専任のキャリアコンサルタントのサポート
  • 転職成功率92%

ランキングについて

当サイトの薬剤師転職支援サービスのランキングは以下の統計に基づき作成しております。

 

利用規約
概要:スリーウェイブの管理するWEBサイトを経由して、実際に無料登録が行われた件数とサイトの評価によってランキングを作成しております。
調査期間:2015年10月1日〜2019年2月6日
総アクセス数:6808アクセス
各転職支援サービスの無料登録者数:93名

 

リクナビ薬剤師:53件
薬剤師転職ドットコム:15件
マイナビ薬剤師:8件
ファーマジョブ:1件
薬剤師ナビ:-

 

【サイト評価】
1.マイナビ薬剤師
2.リクナビ薬剤師
3.薬剤師転職ドットコム
4.ファーマジョブ
5.薬剤師ナビ

 

薬剤師転職支援サービスとは

薬剤師転職支援サービスとは、薬剤師の仕事に特化して転職を支援してくれるサービスのことです。薬剤師の仕事を専門に扱っているため、求人の量や質はもちろん、サポートについても高いレベルが期待できます。
自分に合う職場を見つけるためには、求人票の情報だけでは足りません。そんなときに頼りになるのが薬剤師転職支援サービスです。登録することによって、求人情報を紹介して貰うことができますし、プロのコンサルタントによるサポートも受けることができます。
働き始めてからでないと分からないような内部情報についても、事前に教えて貰うことが可能です。また、コンサルタントは様々な面でサポートしてくれますので、条件の交渉なども代わって行ってくれます。求職者側からは言い出しにくい給与のことや勤務条件のことなどを代わって交渉して貰うことができます。そのため、子育てや介護との両立など個人の事情に合った職場を手に入れることが可能です。
薬剤師の業界も変化してきていますので、転職にあたり様々な面で不安を抱えることになります。転職にあたり、その辺の事情まで調べたりするのは大変ですが、薬剤師転職支援サービスを利用することで、プロのコンサルタントに相談しながら職場探しをすることができます。
分からない部分をプロのコンサルタントにサポートして貰うことが可能です。相談しながら職場探しをすることで、自分の能力や専門性を活かした職場を手に入れたり、将来を見据えた職場を手に入れたりすることができます。
薬剤師転職サイト好評ベスト5社【公式】では、現役薬剤師から口コミ・評判・登録データから信頼できるベストの薬剤師求人を厳選しました。

薬剤師求人サイトの非公開求人とは

薬剤師の方で転職を行う予定がある方については、非公開求人に注目することにより、条件の良い職場を見つけられるようになってきます。
まず、薬剤師が転職を行うとき、専門の転職サイトを利用することで、幅広い地域から希望に合った仕事を見つけることが可能になってきます。
専門のサイトでは、色々な求人が公開されていますので、自分の目で見て仕事を決めることができるのですが、サイトに相談することで、非公開求人を紹介してもらえるようになるのです。
非公開求人では、条件がよく、応募者が殺到する可能性が高いため、あえて非公開によって応募している求人になっています。
この形の求人については、お給料面が高くなっていたり、賞与の額が高いなど、条件面について配慮がなされていますので、働くときにもモチベーションを維持することができるでしょう。
ただし、非公開求人については、条件がよい代わりに確かなスキルを持った薬剤師を求めていることも多くなっていますので、働けるだけのスキルを持っているのか確認を行っておきましょう。
非公開求人は、その条件の良さにより多くの方に注目されていますので、薬剤師を雇う医療機関でも、よりレベルの高い人材を希望することになるのです。
新人やスキルがあまりない方よりも、経験豊富でスキルを持っている薬剤師の方が、採用してもらえる可能性が高くなってきますので、応募する時の条件についても確認を行うようにしましょう。

薬剤師転職成功の秘訣

薬剤師の転職を成功させるためには、生活に合った求人を見つけていくことから始める必要があります。
転職を希望したとき、お給料面の向上を目指す方も多くなっているのですが、それ以外に家庭との両立を重視したいという方もいます。
特に、女性の薬剤師の場合には、育児や子育てを無理なく行うことができる点が重要になってきますので、生活に無理なく働けるのかという点から職場を選んでみるとよいでしょう。
主婦の薬剤師の場合、決められた時間内だけの勤務でもよかったり、託児所など子供の世話をしてくれる施設が備わっている職場に転職することで、無理なく働いていくことができるのです。
また、薬剤師の転職を成功させるためには、人間関係の良さについても考えてみるとよいでしょう。
人間関係の良い職場であれば、働いていく中で人間関係に悩むこともなくなってきます。
特に薬剤師については、女性が多く勤務している職種になってきますので、人間関係も複雑になりがちなのですが、人間関係が良好な職場に転職を行うことにより、無理なく働いていくことができるのです。
転職を成功させるためには、無理なく働けることと人間関係が良好な職場を見つけることを重視してみるとよいでしょう。
特に、専門の転職サイトを利用することで、これらの条件を満たすことができる職場を簡単に見つけられるようになってきます。
サイトでは、扱っている求人の数も多くなってきますので、その中から希望に合った求人を見つけることができるでしょう。

薬剤師の他の職場と比較して転職を考える

6年間の大学生活に国家試験を乗り越えて、やっと就職してもしばらくすると「転職」という言葉が浮かんでくる方もいらっしゃるかもしれません。
私も病院薬剤師として働いているうちに、これといって不満はなかったけれどもっといい条件の職場があるのではないかと思うようになってきました。
もやもやとした気持ちで働いていた時に、系列の病院へヘルプとして週に何日か働きに行くことになりました。するとそこは、システムも整っておらず、また院内での薬剤師としての立場も低くひどい環境でした。他の病院と比べてみて初めて自分の病院の働きやすさに気付いたのです。
私が思う薬剤師として働きやすい病院のポイントとは、まず第一に薬剤師としての立場が確立されているかどうかです。対等にとは言いませんが、ある程度医師と意見を交わし合えるくらいでないといけません。そうでないと、患者様にとってより良い医療は提供できないと思います。医師はもちろん、看護師さんや他職種の方と常にコミュニケーションを取ってこそチーム医療といえます。
そして、早いうちから様々なことを経験させてもらえる病院であること。大きな病院の薬剤部では、最初の数年は調剤だけといったことがよくあります。もちろんそれも大切な業務ですし勉強にもなりますが、私は早いうちに現場をみて、他職種の方々と一緒に仕事できたことは非常に有益だったと感じました。
ずっと1つの病院にいると、良い職場なのかどうかよく分からなくなってくるかもしれません。他と比べてみることで自分の病院の良いところや、逆に悪いところが見えてくると思います。

薬剤師の幅広い勤務場所

薬剤師が働く場所についてですが、だれでも薬局で働く薬剤師をよく目にすると思います。
薬局の大きな特徴は調剤室があり、薬剤師が常駐して医師などの処方せんに基づいた医薬品を調剤することです。
病院・診療所内での調剤は、薬局とほぼ同じですが、病院では入院患者における調剤がメインとなります。
病棟では、医師や看護師、医療スタッフと患者に使われる薬について話し合ったり、副作用が出ていないかなどのモニタリングをするなど、連携をとりながら作業します。
リハビリにおいても薬物の影響が出ることもあるため、薬剤師と理学療法士のあいだでも情報交換が行われるので、薬剤師はあらゆる分野の専門家たちとの関わりをもちます。
医療の担い手として、患者さんが安心して医療が受けられるように仕事を進めています。
医薬品そのものをつくる製薬企業も、薬剤師の活躍の場のひとつです。
医師に少しでも多くの自社製品を処方してもらえるように病院や診療所を訪問して、自社製品や治療傾向などを情報提供していくMRがあります。
そのほかに、科学製品、食品などのメーカーや行政機関など、さまざまな場所で活躍しています。
中には、学校内の空気汚染を調べたり、水質汚染の検査などをする学校薬剤師という仕事もあります。
薬剤師の専門は薬学でありますが、その知識を生かせる場が多岐にわたります。
よって他の医療資格者に比べても、職能を広げて多面的に活躍することが可能だと言われます。

 

 

更新履歴